マズイときに使ってます

生活費って結構かかるものですよね。
しかも、子供が大きくなればなるほど生活費は多く必要になります。
小さいうちはお金かからなかったな〜なんて思うことはしょっちゅうです。
我が家の子供は公立の通っているので私立へお子さんが通っている家庭よりも負担はないといえばないのですが、
それでも結構かかってきます。

 

まず増えるのが食費です。
男の子は本当によく食べますし、自分たち夫婦以上に食べてるんじゃないか??という感じです。
そして学校にかかるお金も小学校などに比べると相当かかります。
毎月の学費はもちろんですが、部活動にかかる費用はかなり大きいです。
いきなり集金袋を持ってくることもしょっちゅう。
しかも、そういう時に限って旦那の給料日まであと1週間など結構厳しい時なんです。
とは言っても待ってもらうわけにもいきませんし・・・。

 

ということで、「まずい!!」という時にはキャッシングを利用しています。

 

子供にかかるお金の時だけ使っています。
そこまでする??と思うでしょうが、集金って期日守らないとね・・・というのがあるんですよね。
だから、キャッシングしてお金を持たせています。

 

キャッシングはマイナスイメージがありますが、そうは言ってられない場合もありますし、
ここぞという時だけ使っていればさほど問題にはなりません。
1万円〜数万円程度のキャッシングなので、負担になることもそんなにないですよ。
主婦でもキャッシングできる金融会社はあるので助かってます。


おすすめのキャッシングサービス

主婦の方でもパートやアルバイトなどをしていて安定した収入があればキャッシングすることができます。

 

 

 

レディース専用キャッシング。
パートやアルバイトの方でも借りることができます。

 

 

 

新生銀行グループでノーローンは、「なんどでも1週間無利息!」と金利4.9?18.0%で好評のカードローン。

 

元利均等返済方式

主婦の人がキャッシングするうえで重要なことは、キャッシングの手続きより、借りたお金を返す方法をとのようにかるかにかかっています。
特に旦那に内緒でキャッシングによりお金を借りているのなら、生活費に使用が出ないように返済額を少額にしたいところですが、返済額が小さければそれだけ返済期間が長くなってしまいますので、旦那に知られる確率も高くなってしまいます。
家計に影響なくいかに短期間に返済できるかが、悩も度ころになります。

 

元利均等返済方式は、借りたお金の元金に利息を加ええた額を均等に分割する方式して返済する方式になります。
元利均等返済方式では、毎月の返済額が同額になりますので、返済口座にどれだけを返済に充てるか把握しやすくなります。
また、返済期間を長くすることで、毎月の返済額を低く抑えられますので、生活費に支障を来たすことなく返済することが可能となります。

 

ただ、この場合返済期間分の利息がかかってきますので、なかなか借金が減らない感覚に陥ります。
消費者金融にとっては、このように返済期間を長くしてくれるほうが利息分だけでも儲けとなりますので、歓迎される客と言えます。
キャッシングには繰り上げ返済の制度がありますので、旦那にボーナスが支給されるタイミングで繰り上げ返済を行い、借金を減らすとともに、返済期間も短くするように手続きを行うことをお勧めします。繰り上げ返済を行うことで、利息分と借りた元金を減らすことができれば、返済期間も短くするこしができるのです。

更新履歴